わが家の垣根の塗り替え機会は

住居の障壁は、普段はあんまり意識することがないかもしれませんが、太陽光や雨、風の音や砂埃などから住居を守って得る役回りがあり、障壁のおかげで、住居が守られ、長く快適に生涯をすることができます。住居の障壁の塗り替えタイミングは、築10時世が経った内が参考と言われています。その後も、10時世別を目安に塗り替える結果、住居の美観を維持することができ、住居の耐用年季を引き延ばすことにもつながります。最近は、耐用年季が長い塗料が開発されていたり、おんなじ塗料を使っていても、日射しや海風など状態の変更によって、塗り替えのタイミングが違うことがありますが、10時世を目安に定期的に塗装やり直すことがおすすめです。その他にも、障壁にか細い地割れが入っていたり、カビや苔が生えたりしている時なども、障壁が劣化している可能性が高いので、早めに専門の事務所の検討を受けて、塗装タイミングを探り当てることがおすすめです。外壁の衰弱を放置すると、インサイドにモイスチャーが侵入し、設備の組立自体を劣化させる原因になるので、早めの適応が良いでしょう。

▲ページトップに戻る