マンションの障害を塗り替えない弱み

マイホームの垣根は、マイホームを包み込んで、マイホームを続ける働きがあります。垣根のおかげで、日や風雨、寒暖差やほこりなどからマイホームを守ることができますが、その分、垣根は辛い通常環境にさらされているので、劣化し易く、割目や割れ、はがれなどが起きてしまい易い近辺です。マイホームの垣根が劣化してしまうと、割目や割れ、塗装のはがれから土砂降りやゴミなどが内面にだんだんと入り込むようになります。マイホームの垣根から入り込んだ潤いは、消息筋に達すると、垣根の内面や限度、柱や階などに染み込み、傷んだり、腐ったり始めるわけになる。マイホームの柱や垣根など、内部の編制が傷んで仕舞う危険を高めてしまうことが、垣根の塗り替えをしないことの問題です。一般的に、外壁は10年ごとに塗り替えるのが良いとされています。10年頃に一度程度の頻度で塗り替えるため、マイホームの垣根は、大きな割目や割れを生じず、マイホームを続ける責務を効果的にこなすことができるので、マイホームの寿命を引き延ばすために、定期的な塗装がおすすめです。

▲ページトップに戻る