外壁塗装で、輝き有り・つや消しどちらを選ぶか

外壁塗装の塗料には、照り有りと照りnoがあります。
照り有りは、ますます3食い分照り・5食い分照りなどに細く分けられます。
照りの残る塗料で外壁塗装を行った場合、表面もキレイになり、必ず「塗り替えた」という様子になります。
しかし、照りがありすぎると節度が損なわれる結果、高級感を出したい場合は3食い分照りくらいにしておいたほうがよいでしょう。
次に、不衛生の有りにくさは、照りのいらっしゃる塗料のほうが頑として前文です。
照りが多いほど防水性も高くなり、カビなども繁殖しにくくなります。
また、不衛生が有りがたいということは落ち込みも遅くなるということなので、照りのいらっしゃる塗料のほうが耐久性も前文です。
無論、照りのない落ち着いた出来栄えにしたいという人間もいますし、外壁によっては照りの弱い塗料のほうが見合うということもありますが、いかなる塗料で外壁塗装を行っても、数年経てば照りはなくなってくるので、上記のメリットを考えると照り有りのほうが後押しといえます。

▲ページトップに戻る