外壁塗装に出るひび割れの原因と破棄手法

外壁塗装の割目には、いくつかの階級があります。
その中で、塗膜に発生する割目は「ヘア裂けめ」と呼ばれます。
これは、髪のようにか細いひびが起こる物で、原因としては「日数の手順による、塗膜の低下」「外壁塗装のスパンが中途半端だった」などが挙げられます。
それぞれの解除しかたとしては、塗膜の低下に対しては早めに塗り替えればよいですが、スパンが中途半端だった場所に対しては、低下が進んでいなければ上塗り剤を塗り治す程度ですむものの、主材まで劣化している場合は、全体剥離が必要です。
また、外壁がモルタルなどの場合によく現れるのが「乾き裂けめ」です。
モルタルを乾燥させる過程で、乾上がる前に外壁塗装を行ってしまうと、塗膜が背景の収斂に付いて行けず、ひびができてしまいます。
簡単な方策は微はりフィラーを下塗りすることですが、そんなにだと再発しやすい結果、シーリング材をすり込んだりエポキシ脈絡補充剤を注ぎ込んでから微はりフィラーを下塗りしたしたほうが効果的です。

▲ページトップに戻る