外壁塗装のときのロボットの消費について

最近では、高層ビルといった大きな設備の外壁塗装に、ロボットによる塗装が得るようになってきました。
賃貸住居のコンペ力を決めるために、築10層から15層経過した際に通じる場合が多いです。
足場を不要結果、頭上運転がなく安全で、能率が向上する別、オプションを交換する事により塗装以外の面でも活躍が期待できます。
また、簡単なリモコン運営なので熟練した戦法が責務なく、スタッフによる運転よりも効率がアップします。
ですが、ロボットによる外壁塗装の一番のメリットにはプライスの減少があります。
外壁塗装のプライスの中で足場を設置するプライスの比率は高くなってあり、塗装プライス自身より高くなって仕舞う事もあります。
ロボットの場合は足場を設置する責務が無いので破格プライスの縮減が可能になっていらっしゃる別、足場の調整や撤去に日数がかかる事もないので、工期が短くてすむというベネフィットもあります。
また、足場が無いので空き巣の損といった防犯対策にも実行ができます。

▲ページトップに戻る