外壁塗装の保証期間とその注意点

外壁塗装でよくあるのが、保証期間にまつわる問題です。
外壁塗装の業者によって断言の有無は異なりますし、断言がある場合でも原野や間は異なります。
例として、シリコン塗料なら7〜8時、フッ素塗料なら10〜12時というのが一般的です。
こういう保証期間内になんらかの差し障りが出て来た場合は、無料ないしはかなり安い金額でもっとの外壁塗装をしてもらうことができます。
しかし、ファクターがあります。
それは、「断言が付いているから万全というわけではない」ということです。
まず、口約での断言は意味がありません。
これから言った言わないのダイアログになりがちなので、思う存分文章で出席を結びましょう。
また、断言の期間内に塗装が剥がれてきたので呼び出ししたが、仕事場が倒産していたというケースもあります。
やはり、保証してなくなるはずがないのですが、たちの小さい仕事場だと、10時以上の長期の断言を付けて万全させておいて、意図的に破綻させてから他社を作るという手口を使ったりするのです。

▲ページトップに戻る