外壁塗装の前の高圧クリーニングについて

外壁には長年の間にホコリや砂などのしみが豊富付着しています。そのため、外壁塗装を行なう際には外壁に付着しているホコリや砂などのしみを綺麗に洗い流す必要がありますし、塗装前に高圧洗いを行うことによって広範囲に付着しているホコリや砂などのしみを効率的に流すことができます。そうして、外壁塗装を行なう際にホコリや砂などのしみが付着していると、塗装の附着が弱くなってしまって塗装がはがれ易く患うケー。そのため、塗装前にホコリや砂などをしみを洗い流してから外壁塗装を行うことは塗装の附着を強くして塗装をはがれ辛くするためでもあります。ただし、外壁に使われている根本によっては外壁塗装を行なう際に塗装前の高圧洗いを不要場合がありますし、塗装前の高圧洗いを行なう際になかなか落ちないしみを無理に落とそうとしてしまうと、場合によっては外壁塗装に影響を与えて仕舞う恐れがあるので注意が必要です。

▲ページトップに戻る