外壁塗装の塗り数による食い違い

外壁塗装を行う場合は、基本的には、下塗り、インサイド塗り、上塗りの3回の積み重ね塗りをします。吹き付けやローラーを利用して下塗りを行ない、乾いたら、その上にインサイド塗りを行ないます。 インサイド塗りが乾いたら、上塗りを行います。積み重ね塗りにより塗料の色調が濃くなり、色調が鮮やかに変化します。
ただし、こういう塗り数は、外壁のランクによって差異が生じます。傷みが少ない場合には外壁塗装の積み重ね塗りが少なくなり、疼痛が進んでいる場合には塗り数は多くなります。塗装の低下の具合は、UVの強弱や風雨がぶつかる体積などにより異なります。一般的にアパートの南西お隣の一部分はUVが数多く触るために低下が進み易く、北側はUVを乗り越える体積が安い分だけ低下は軽減されます。南西お隣と北側とではダブルから4ダブルほど傷みに差があるとされています。よって、標準の塗り数は3回ですが、2回ですむ場合もあり、4回必要な場合もあります。
外壁塗装を行う場合は、こういう低下の具合を確認して、塗り数を見積もります。

▲ページトップに戻る