外壁塗装の塗装コツとエイジング塗装

築年季を重ねていくと、建物の外壁は雨風やUVの影響を受け、低下は遠ざけることができないものです。そんな時は外壁塗装の塗り訂正をすることで、建物を長持ちさせ、上っ面も新築のようによみがえらせることができます。
あんな外壁塗装の塗装キャパシティーの一つで、今どき困難注目されているのがエイジング塗装です。エイジング塗装とは、わざと古くさく見せる塗装キャパシティーで、アンティーク調の仕上がりでレトロな環境を作りあげることができます。例えば、塗装によってウォールにひび割れを作ったり、功績を窺えるような経年仕上げにしたり、今どき人気のフレンチシャビースタイルのような使い込んだナチュラルテイストに終わりたりすることができます。塀だけでなく、木部も古材風に、メタルもさび風に塗装できるので、デコレーション全体をアンティークテイストに備え付けることができるのも魅力です。殊に職場では新築の外壁塗装には無い独特な環境を出来上がると非常に人気が高いです。

▲ページトップに戻る