外壁塗装の状態重要にのぼる空模様

基本的に1年を通して外壁塗装工事を行うことが可能ですが、温度・湿度と間が非常に重要な事項になります。塗料には、その原材料構成やカタチによって可に乾燥する待遇があり、認定気温より悪いとカサカサしづらくなり、カサカサまでの時間は通常よりも長くなります。逆に気温が高いと少なく乾燥して工程手順が短くすすむ気がしますが、温度が高すぎるとそれはそれで色々な邪魔が発生しやすくなります。そのため、塗料の形によって適したピークに違いが出てくる結果、おしなべて最も適したピークを断定することは難しいのが現状です。また、外壁塗装の工事は、屋外工事ですので、豪雨・そよ風・スノー等の悪天候時は、基本的には工程は行いません。風が強い日光はそれほど、ホコリや塵が飛び易く、塗装が乾き切っていないと付着してしまったり、頭上での工程であれば、職人氏が危険に向かうからです。そのため、1年を通して工事をやれるといえども、明らかに日和柄荒れ易いような梅雨時や冬季の積雪事などは施工取り引きまでに時間がかかる結果、避けることをおすすめします。但し、優秀な塗装業者であれば、1年を通してある程度安定した塗装を限られた期間の中でやる業者もいます。仮に初期な外壁塗装が必要となった場合で、ピークみたいに塗装に適していない機会だとしても、信頼できる業者を見つけることにより、最適な方法から精度の高い外壁塗装をいただけるはずです。

▲ページトップに戻る