外壁塗装をするときのローラーとスプレーの不等

外壁塗装のポイントには、ローラーを使った外壁塗装と、噴流(吹き付け)を使った外壁塗装の2諸々があります。
塗膜の動きに違いは生じませんが、ひとりひとりメリットとデメリットはあります。
ローラーを使った状況、「塗料が飛び散りにくい結果、損害が乏しい」「高い所でも行いやすい」「厚塗りがしやすい」「凹凸のある外壁でも塗り易い」というポイントがありますが、「時間がかかる」「仕上げ感じの品種が乏しい」という恐怖があります。
吹き設けで行った場合、「短時間でやれる」「玉吹き・リシン感じ・石視線空気など、仕上げ感じの品種が多い」「仕上がりが愛らしい」というポイントがありますが、「塗料が飛び散り易いので、保護に厄介をかけなければならず、損害も多い」「凹凸のある外壁だと、殊更凸部に塗料が塗りにくい」という恐怖があります。
こういう違いがあるので、外壁の状態に合わせたポイントを選ぶとよいでしょう。

▲ページトップに戻る