外壁塗装をするならば、最新の無機塗料が勧告

外壁塗装に使われる塗料の大半はオーガニッククオリティで構成されているのに対し、無機塗料はその名の通り無機質で構成されています。鉱物を主成分としていて、セラミックやガラスやケイ素などを含みます。カビや藻の栄養素根幹となりにくい結果、生物による汚染に対して耐性があります。また、外壁塗装の一般に起こりがちなチョーキング(顔料がUVにより劣化し、チョークのような粉状に上ること)ですが、無機塗料では焼成顔料を訴える結果、起こりにくいとされています。焼成顔料は、エネルギーで焼けるため発色させる顔料で、茶碗やレンガタイルなど大きく用いられ、色あせが少なく無事にも優れています。乾燥した際に強力塗膜を貫徹するため、連続年季は、オーガニック塗料の7ご時世から12ご時世に対し、15ご時世から20ご時世ほどです。但し、無機塗料は、塗膜が固いゆえに外壁塗装にヒビが生じやすいのが問題でした。最新の無機塗料では、連続年季20ご時世限りを実現したばかりか、オーガニック塗料の楽しみであるハリを取り入れてヒビ割れが起き辛いものが登場していらっしゃる。

▲ページトップに戻る