外壁塗装をするなら灯触媒も

外壁塗装の最新塗料として注目される灯触媒塗料は、灯触媒の持つ有機物を解体し汚れを落とすインパクトにより、外壁を可愛く保つ自分扶養効果が期待できます。こういう塗料が継承塗料と呼ばれるのは、日差しで汚れを解体して浮かせる、雨で汚れを流す、つまり自然の力で汚れを落とすことができるという陰があり、さらに雲行きを洗浄講じる営みを持つ結果、基盤悩みの解消にも貢献できる塗料であるからです。最大のメリットは、汚れがつき難いことですが、ほかにも、防カビ結末が長く貫く、耐用年数が約20年と長い、などの面で優れています。灯触媒塗装は通常の外壁塗装の後からコーティングなるのが一般的です。 灯触媒自体は無色透明である結果、外壁、屋根、屋内を問わず施工できます。外壁塗装にかけるときの要素としては、灯に反応する結果ビルとビルの隙間などの日陰部分では結末が出にくい、雨水が当たりづらい壁面では解体結末しかゼロ、などが挙げられます。

▲ページトップに戻る