外壁塗装を行う年数は使用する塗料で異なる

外壁塗装

外壁塗装 年数

外壁塗装を行う年数は使用する塗料で異なる

マンションと違い、一戸建て住宅は外構の修繕を自分で手配しなければなりません。

主な修繕内容は屋根や外壁に関する修繕となり、その期間はおおよそ10年に一度行なわれるのが理想とされています。

そして、足場が必要となるため、まとめて修繕することで少しでも費用を抑えることになります。

特に外壁塗装は使用する塗料によって対用年数が変わってくるため、長期的に効果の維持が期待できる外壁塗装を行うことで、他の部位の修繕とバランスを取る必要があります。

10年以上の耐用年数が期待できる塗料はシリコン系のものやフッソ系の物となりますが、その価格も耐用年数に比例して上がっていきます。

しかし、日本は季節や地域によって気候の差が激しいため、外壁のダメージ量に差があり、耐用年数がそのまま適用されるとは限りません。

外壁塗装は、お住まいの地域の特徴を理解し、雨風が強い場合は耐用期間が長いものを選ぶか、早めの塗りなおすしを考慮するなど、先を見据えた選択することが重要といえます。

外壁塗装の一括見積もりサイト

外壁塗装の窓口外壁塗装の窓口

業界最大級、外壁塗装、屋根塗装、サイディング専門サイト


外壁塗装の窓口公式サイトへ
物件の情報を入力するだけ!
条件にあった優良業者を無料で紹介してくれます。


外壁塗装の窓口 口コミ

外壁塗装は50万、100万、200万とリフォーム加減によって変わってきます。
それをまとめた外壁塗装の本もありますので参考にするといいですね。
家の壁・「自分」の壁の管理はしっかりしましょう。

▲ページトップに戻る