外壁塗装を行なうには塗料決めがかなりヒント

外壁塗装を行なうにあたって重要なのが、塗料チョイスです。
外壁塗装に生きる塗料は、とにかく油性と水性に分けられます。
油性のほうが耐久性が高いのですが、水性のほうが塗り易い結果、ほぼの職人が訴えるのは水性です。
次に、1液・2液という分け方があります。
2液とは二つの原材料がある塗料であり、それに対して1液はメイン材だけが入っています。
2液はすぐに硬くなり易いので、保存しておくことができません。
そのため、額面を優先する職場は、1液を扱うことが多くなっています。
そうして、塗料の樹脂には四つの部門があり、人間耐久性も異なります。
アクリルは6〜7カテゴリー、ウレタンは8〜10カテゴリー、シリコンは12〜15カテゴリー、フッ素は15〜20カテゴリーとなってあり、耐用キャリアが長いほど価格も高くなります(こういう耐用キャリアは、あくまでも落ち込みが起きて現れるチャンスという意味であり、こういうキャリアを過ぎると楽々使えなく繋がるということではありません)。
外壁塗装の塗料チョイスは、こういった点をふまえて行ってください。

▲ページトップに戻る