製造元の塗料の良し悪しと外壁塗装の関連

外壁塗装に必要な塗料は、トップクラスの一流クレアトゥールから普通汎用一品を賄う事務所まで、各社から幅広く販売されています。以前までは、代名詞の売り物も汎用一品も売り物の差があんまり広くはありませんでした。現在は、クレアトゥールにによる売り物の良し悪しと言うよりも、考える塗料のコース、分類が多様化してきました。独創都度の高い判別工学を駆使して各社枝分かれの順路を進んでいます。燃え難い不燃塗料、断熱効果の高い売り物、また、アレルギーに敏感なヒューマンターゲットなど作用によっても分かれていらっしゃる。また耐候性・張り・ビューティフル・粘着勢力という観点から激しく分けてると、4つの分類に分類されます。それは、アクリル樹脂系統・ウレタン樹脂系統・シリコン樹脂系統・フッ素樹脂系統です。どのタイプでも外壁塗装に使用されますが、耐久性と経費が違ってきます。では、耐久性が一際激しく、最も高価フッ素樹脂系統が至高かと言うとそんなに単純な話ではありません。それぞれの家庭の外壁塗装に適するものを選ぶプロの目線が、必要になって来る。

▲ページトップに戻る