外壁塗装は安ければいいわけではない!

外壁塗装は安ければいいわけではない!

外壁塗装見積もり

家の外壁塗装において、誰もがまず思うのは少しでも費用を安き抑えたいということでしょう。

外壁塗装は、1万、2万で済むものではありません。

一般的に50万以上かかる大掛かりな施工になりますが、悪徳業者は訪問販売で200万など法外な見積もりを出してくるわけですから、その相場自体も明確に見えているものではありません。

外壁塗装の費用の仕組み

一概に外壁塗装の費用が安ければいいというものでもありません。

外壁塗装の費用

簡単に作業工程を説明すると直接外壁が外気に触れないように1回目の塗装”下塗り”を行い、次に中塗り、仕上げに上塗りと3工程の塗装が行われます。
しっかり乾いてから、次の工程に進むため、1日や2日で終わるものではありません。

杜撰な施工

手抜き業者は、その工程をおろそかにし、また塗料を安いものを使用することで杜撰(ずさん)な施工を行います。
よって、2,3年で外壁のヒビや割れが生じるなどトラブルや問題が起きているのが現状です。

そこで、業者探しのポイントを紹介します。

まずは、外壁塗装の費用に関しては、相場を調べましょう。

外壁塗装 相場を知る

外壁塗装の窓口

外壁塗装の窓口というサイトはご存知ですか?
優良塗装店に一括見積りで最安値を調べることが可能です。
厳正な加盟基準をパスした業者、また、接客・施工において評判・苦情の多い業者を随時排除と安心業者が加盟しています。

外壁塗装の窓口
日本全国500社の外壁塗装業者からあなたにあった適正価格の見積もり相場を確認しましょう。

>> http://gaiheki.yeay.jp/ <<
外壁塗装の窓口公式サイトへ

外壁塗装会社選びの大事なポイント

外壁塗装会社選びの大事なポイントは、担当者の誠実さを観察することです。効率的で優れた外壁塗装の手法を取り入れる会社は、今日では当たり前のように乱立しています。

このポイントを精査していると、いくら時間があっても足りません。

外壁塗装の仕上がりに付随するサービスを見極めることは、会社に対する高い満足度に繋がるというわけです。

話を聞いてくださる担当者が、自身の要望をできるだけ取り入れてくれる姿勢を見せているのかを確認します。

外壁塗装会社選び

職人技

職人技の全てに頼るよりも、自身が望む仕上がりに近付けるために意見を取り入れてもらう方が、満足度が向上するからです。

もしも外壁塗装会社が、自分たちが決めたサービスだけを提供しようとしているときのことを考えます。

それだけでは満足することは難しい旨を伝えながら、自身の要望を組み込む努力をすることが有効です。

それが叶わなければ、外壁塗装を依頼する業者の見直しを検討することも方法の一つです。

外壁塗装をするために必要な工事の日数について

外壁塗装は下準備に2~3日必要となります。

足場

まず初日は足場を組むことからはじまり、これは職人の方だけではなく、通行される方の安全も確保する重要な作業となります。

洗浄作業

続いて2日目は古いよごれを取る洗浄作業になり、同時に劣化具合や痛みをチェックする作業となり、3日目は窓などに塗料が付かないように養生をおこなったり、ひび割れなどの修復など下地の調整を行います。

外壁塗装 日数

外壁塗装において、こうした下準備を徹底することが、剥離や破損などのトラブルを回避に繋がるため、時間を要します。

3度塗り

4日目から、外壁塗装の工事に入りますが、基本的には3度塗りを行うため、塗装が完了するまでは3日ほど必要となります。

こうしたことから、外壁塗装自体に必要な工事日数は7日程度となりますが、足場を組むため、屋根の修繕をまとめて行う方が多くいらっしゃいます。

屋根の修繕

屋根の修繕を含めるとさらに3日ほど必要となるため、10日ほどの工事日数を見ておく必要があります。

足場を組む際に騒音がでたり、塗料の臭いが目立つなど、ご近所の方とトラブルになる可能性もあるため、工事日程を事前に説明しておくと良いでしょう。

>> 外壁塗装の窓口公式サイトへ <<
外壁塗装の窓口公式サイトへ

DIYで自分の家の壁の塗り替えをする時に必要なもの

外壁を塗り替える時に必要なのは塗料ですが、下塗り用のシ―ラーと、上塗り用(仕上げ塗装)があります。

その他作業をする道具として

  • 養生シート
  • ローラーハンドル
  • パケット
  • 刷毛
  • 塗料

を入れるための容器、コーキング剤などがあります。

高圧洗浄機

さらに高圧洗浄機があると、汚れを落とすのに楽です。

家の壁を塗り替える手順は、次の通りです。

最初の準備は、高い外壁や2階以上の建物には足場を組みます。

養生シート・養生テープ

次に、周辺に塗料がはみ出さないよう、養生が必要です。
養生シートや養生テープなどで、近隣に塗料がついて、迷惑をかけないようにします。

次に外壁の汚れをブラシや、高圧洗浄機などで落とします。

ひび割れがある場合

外壁にひび割れがある場合は、コーキング剤で補修します。

下塗り

準備が整ったら、下塗りをします。

下塗りは塗料の密着性を高めるために、シ―ラーという接着塗料を塗ります。

シ―ラーが十分に乾いたら、いよいよ本塗りですが、外壁塗装は1度の塗りでは不十分です。

2回から3回の塗装を心がけてください。

最後に養生と足場を撤去し、使った道具をきれいにして終了です。
DIYで家の壁の塗り替えに、挑戦してみましょう。

外壁塗装 無料見積り

外壁塗装 見積り

外壁塗装を行うならまずは無料見積りがおすすめ!

新築の一戸建て住宅に引っ越してきたときは、外壁も塗装したばかりなので、ピカピカに輝いて見えるものですが、年月が経つと次第に色褪せてくるようになります。

太陽の紫外線や強い雨風、強風などにさらされると、そうなるのは仕方がないことですが、外壁に大きな亀裂が入ったり、ひびが入ると、そこから雨水が浸透し、家を腐らせてしまうこともあるので危険です。

そうなる前に外壁塗装をしなければなりませんが、これまで一度もペンキ屋に依頼したことがない方の場合は、何から始めるべきかと悩んでしまうでしょうね。

外壁塗装を行うなら、まずは無料見積りを利用することから始めましょう。

無料見積りなら、こちらはお金を一円も払わなくて済みますし、内容が気に入らなければ、無理に契約する必要もありません。

明朗料金で工事をしてくれる業者(ペンキ屋)なら安心して任せられるので、外壁塗装をするときは見積もりの内容をよく検討してから決めることが大切です。
少しでも疑問点があれば、その場で解消するようにしたいですね。
[/winp_alert]

外壁塗装見積りからわかる料金のからくり

外壁塗装業界においては、良心的な業者ではない、悪徳業者も存在します。

決して高いことが悪いわけでありませんが、訪問販売の勧誘業者の見積もりは、基本的に相場の3~5倍なんてことも多々あります。

無料見積もりサイトを活用すると、地域で実績のある外壁業者から見積もりが取れるので、一番安くやってくれる会社探し、相場の確認にもなります。

見積もり例を掲載しました

外壁塗装見積り

ペンキ屋見積り

そこで、外壁塗装で人気の一括見積もり会社を紹介します。

外壁塗装の窓口

外壁塗装の窓口
http://gaiheki.yeay.jp/
家の基本情報を入力するだけで条件にあった優良業者を無料で紹介してくれます。

外壁塗装の駆け込み寺

外壁塗装の駆け込み寺
http://gaiheki-kakekomi.com/
外壁塗装に少しでも不安を感じたら外壁塗装駆け込み寺へ!

外壁塗装の塗り替えに適した時期

外壁塗装は、内装と違って外での仕事ですから、どうしても天気に左右されることになります。

外壁塗装 時期

梅雨

一般には、雨が多い梅雨時や、暑さが厳しい夏場、気温の低い冬場などは外壁の塗り替えをするのに向かないのではと考えます。

それでは、どの季節が外壁塗装に適した時期と言えるのでしょうか。
梅雨の時期は、湿度が高く塗料が乾きにくいという難点はありますが、今の塗料は品質も改善されそう問題にはなりません。
しかし、雨の日は塗り替え作業はできないので、その分工期がかかることは仕方ありません。

夏場

夏場は、ペンキ職人には厳しい季節ですが、塗料の渇きが早く作業が進み、高温で塗料の伸びが良いので、透けやかすれといった塗り残しがなく、外壁塗装には適した季節と言えます。
また、秋も台風の襲来で仕事が延期になる事を除けば、乾燥が早く作業には適していると言えます。

そして、冬場は、寒冷地区で気温が極端に低い場所での作業は不向きですが、空気が乾燥している為、塗料の付着や吸収が良いので適しています。

外壁塗装が剥離してしまう原因と対策

あなたはご自宅のリフォームをしようと考えたことはありますか。

最近では、新築の住宅着工件数の伸びが低下しており、代わってリフォームの件数が伸びているようです。

それはひとえに費用の問題だけでなく、住み慣れた我が家をなるべく良い状態へと維持し、長く住み続けたいと考える方が多いからではないでしょうか。

リフォームの代表的なものに外壁塗装があります。

ペンキ屋に外壁を塗装

外壁塗装は読んで字のごとく、ペンキ屋に外壁を塗装してもらうものです。

剥離したタイルや壁材

しかし、これらは単なる塗装ではなく、塗装の前に剥離したタイルや壁材を接着する必要があります。

タイルや壁材が剥離する原因は経年劣化による接着力の低下、湿気、乾燥を繰り返し外壁材にひびが入るなどの劣化が原因です。

そしてこれらの対策として外壁塗装があります。

塗装することでひび割れや劣化を防ぎ、外壁材の寿命を延ばすことができるのです。

最近では外壁用塗料の品質も向上し塗装により強度を増すことのできるものが増えています。

外壁塗装 日数

ペンキ屋が外壁塗装にかける日数

外壁塗装工事が始まると、最初に足場の資材を運び込みます。

足場の設置

この後足場の設置や養生シート張りが始まりますが、住宅の規模にもよりますが足場の組み立ては1~2日が一般的です。

養生シート

足場が組まれると、養生シートを張って外壁ついている藻や汚れなどを高圧洗浄機を使って落として行きます。
また、雨樋の中に溜まっているゴミなども撤去するなどの作業を行うのです。

これが住むと、外壁の劣化している部分のメンテナンスや、コーキングの打ち直し、金属部分の錆落としなどを行い外壁を綺麗な状態にしていきます。

このメンテナンス作業はペンキ屋が行う事になりますが、ここまでの日数はおおよそ4~5日と言われています。

この後、窓ガラスやサッシ、換気扇などの部分にビニールシートを張り、ペンキが飛び散っても汚さないようにマスキングを行い、ようやく外壁塗装の1度目の塗装が始まるのです。

塗装は、始めに行う下塗り、中塗り、本塗りと3~4回重ねて行われることになり、外壁塗装に要する日数はおおよそ10日から2週間と言われていますが、天候などにより長くなるケースも有ります。

外壁塗装 、つや有り・つや消し

外壁塗装で、つや有り・つや消しどちらを選ぶか

外壁塗装の塗料には、つや有りとつや無しがあります。

つや有り

つや有りは、さらに3分つや・5分つやなどに細かく分けられます。

つやのある塗料で外壁塗装を行った場合、見た目もキレイになり、いかにも「塗り替えた」という雰囲気になります。

ただし、つやがありすぎると上品さが損なわれるため、高級感を出したい場合は3分つやくらいにしておいたほうがよいでしょう。

次に、汚れの付きにくさは、つやのある塗料のほうが断然上です。

つやが多いほど防水性も高くなり、カビなども繁殖しにくくなります。

また、汚れが付きにくいということは劣化も遅くなるということなので、つやのある塗料のほうが耐久性も上です。

つや消し

もちろん、つやのない落ち着いた仕上がりにしたいという人もいますし、外壁によってはつやのない塗料のほうが合うということもあります
が、どのような塗料で外壁塗装を行っても、数年経てばつやはなくなってくるので、上記のメリットを考えるとつや有りのほうがおすすめといえます。

外壁塗装の坪単価

外壁塗装を安くしたい!金額・費用の勉強をしましょう。

皆さんは御自身の自宅、もしくは住んでいるマンションの外壁塗装を考えたことがありますか。

外壁塗装というと、非常に高額な費用を請求されるというイメージをお持ちかも知れませんが、最近では様々な業者が低額で高品質なサービスを提供するようにもなっているので比較見積り等、いろいろな方法で安く仕上げることも可能になっています。

坪単価

では、気になる外壁塗装の坪単価とはどのくらいかかるものなのでしょうか。

面積、工法、工数

坪単価を設定する際に重要となるのが塗装する面積、工法、そして工数です。

もちろん、複雑で手がかかるものは高額、かからないものは低額なのは当然ですが、工法が特殊であったり、使う塗料等にこだわりがあると料金は上がります。

また雨季の場合、雨が降ることで工数に変化が出たり、仕上がりに影響が出るとこちらも料金が変わります。基本料金と環境の変化に応じて加算される、見直し

外壁塗装 激安

外壁塗装を激安で行うと謳っている業者は少なくありません。

しかしこの激安価格の根拠をしっかりと把握しないと、すぐに塗装が駄目になったり、家に悪影響を与えることになるので注意が必要です。

本来外壁塗装は、家を雨風や直射日光から守り、長持ちさせるために行うものです。

その手順はまず古い外壁を落とし、外壁のヒビや割れを修復する所から行われます。

さらに、直接外壁が外気に触れないように下塗りをし、きれいな面を作ってから中塗り、上塗りの手順を踏んで行われるのが一般的です。

その為正式にこの手順を踏んで行うと作業の手間も塗料もそれなりにかかるため、それなりの費用もかかることになります。

安い塗料

外壁塗装を激安で行うためには、塗料を安いものに変えるか、この手順のどれかを削減するのが一番手っ取り早い方法です。

塗料を安いものにすれば効果は落ちますし、手順を削減すればそれだけ塗装が弱くなります。

企業努力で激安を実現している塗装業者も有りますが、単に安い業者は品質が落ちる可能性があり、注意が必要です。

外壁塗装 注意点

外壁塗装を業者に依頼する際の注意点について
外壁塗装は、家の外観を保つためにも、大切な我が家を守る為にも大切なものです。

新築の時はきれいだった外観も、風雨に晒され太陽熱で劣化します。

それでは、外壁塗装を業者に依頼する場合、考えられる注意点を挙げてみます。まずは、色の選定です。

全体の出来栄えを左右する大きなウェイトを占めるものですから、慎重に決めましょう。

イメージを明確化

目標とする色を塗った家を業者に一緒に見てもらうなど、自分のイメージを明確に伝える事が大変重要です。

また、選択した色を実際に、部分的に試し塗りしてもらうと解かりやすいです。外壁塗装は、一度仕上げてしまったらやり直しできないので、時間をかけて決定するべきです。

季節

次に、依頼する季節です。

最近の塗料は品質が向上し、一年中作業が出来ないことはありませんが、どちらかというと適さない、真夏や極寒の環境では作業がはかどらないので、避けた方が賢明です。

また、塗装を行う下地の腐蝕がないかなどを念入りに調べてもらう事も必要です。

外壁塗装の工法や素材による施工例

外壁塗装を変えるだけで見違えるほど外観が美しくなりますが、外壁塗装は見た目だけでなく耐久性を良くし、建物を風雨による腐食や紫外線から守る役目を持っています。

新築のような仕上がり

質感の高い素材を使うことにより、更に景観が良くなり外側からの音を遮断し、新築のような仕上がりも期待できます。

外壁塗装はペンキを塗るだけの単純なものではなく、塗料には下塗り材と仕上げ材があり、それらを組み合わせて外壁を保護する塗装ができます。

工法も業者によって異なり、それぞれの業者は独自の知識と素材選びに拘り、依頼主に様々な施行令を示し、建物に最も相応しい工法で仕上げてくれます。

下塗り材は外壁下地を保護し、接着力が弱い仕上げ材を定着させます。

主に水系のものと溶剤のものがあり、仕上げ材の性質に合わせて選択しています。

仕上げ材は風雨や紫外線から下塗り材や下地を守ります。

仕上げ材にも種類があります。

リシン塗装

昔からあるのは、リシン塗装という細かな石を同時に混ぜて吹き付ける方法で、現在も新築時の塗装で一番多く使われています。

セラミック塗装

セラミック塗装とは石の集合をアクリル塗料を糊として吹き付けています。

石と石の間に隙間があるので、通気性が良いのが特徴です。その他の仕上げ材にはウレタン、シリコン、フッ素などがあります。

外壁塗装にかけた費用の減価償却の耐用年数について

外壁塗装の費用は結構高額になるものです。

一戸建てで概ね70万円前後、特殊な塗料を使用したりすると100万円を超える場合も少なくありません。

しかし、その費用が高いか安いかはその後どの位持つのか、耐用年数で決まります。

耐用年数

専門的にはかかった費用を耐用年数で割った金額を減価償却と言いますが、この減価償却が安いほど費用は安いと考えられます。

外壁塗装業者の中には激安と称して30万前後で工事を行うところもあります。

しかし、その中には工事の内容が簡略化されている場合や、塗料を粗悪なものを使用している場合もあり、その場合には耐用年数が短くなる場合も有ります。

減価償却

たとえその場の工事が激安でも、減価償却に置き換えると結局は高い買い物になってしまうことがあるのです。

外壁塗装は金額だけではなく、その品質をしっかりと見極めて選ぶ必要があります。安い外壁塗装の場合には安い理由をしっかりと確認して、納得の出来る業者を選ぶことが外壁塗装で失敗しないコツです。

▲ページトップに戻る